電気式人工喉頭 補声器

電気式人工喉頭とは

電気式人工咽頭(でんきしき・じんこういんとう)ないしは、人工声帯(じんこう・せいたい,英:Electrolarynx)は、声帯を失い、自力で言葉を発することができなくなった人が、特殊な装置を使って、電気的に言葉を発することができる装置のことを言います。

喉頭摘出手術を受けられた方、気管切開手術を受けられた方、
呼気が弱ってしまった方、生体が萎縮してしまった方など、
何らかの事情により声を失われた方に第2の声をお届けする会話補助具です。
現在、筆談やキーボード式の機械で意思伝達をされている方でも、口と舌の動きに
問題が無ければ(口パクが出来れば)補声器で会話できる可能性がございます。

※各市区町村の『日常生活用具給付申請』によって補助が受けられます。
※自治体によって対象者や補助額が異なります。
公費補助を希望される方は、お住まいの市区町村担当窓口にてご確認ください

取り扱い製品

ご利用者さまの状況に応じてどちらの製品でもご対応可能です。

濱田産業株式会社

第一医科株式会社

  • ユアトーンⅡ・ゆらぎ
  • ユアトーンⅡ・UB

永島医科器械株式会社

  • 電気式人工喉頭アンプリコード95S
  • 電動式人工喉頭アンプリコード55X

センシンメディカル株式会社

  • 電動式人工喉頭「マイボイス」
  • 電動式人工喉頭「ニューボイスⅡ」

原田産業株式会社

  • トゥルトーン

お問い合せ等は下記からご連絡下さい。

お問い合わせ

病院・施設名(必須)

所属

お名前(必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)